広告費

大手の不動産では、定期的にCMなどで宣伝を行います。
そのため、あらかじめフランチャイズ契約を行っておくため、CMなどの広告費を抑えることが出来ます。
CMでは沢山の人の目に触れる機会が多いため、老若男女問わずさまざまな人に、その不動産について知ってもらえることが出来るでしょう。

それぞれの女優やアイドル、タレントなどのイメージキャラクターがいるので、そのイメージキャラクターの知名度が高ければ高いほど、その不動産について知ってもらうことができます。
また、定期的にCMの内容を変えて放送を行ってもらう不動産会社もたくさんあるため、そのCM内容によって注目度を更に上げることができます。

そのようなCMを定期的に放送することで、日常においてその不動産を見つけた時に気軽に入りやすそうなイメージを持ってもらえることが出来ます。
そのため、フランチャイズ契約によって得られるメリットはとても大きいものと言えるでしょう。

サポート

不動産のフランチャイズ契約を行うことにより、本社の教育や研修を専門としたところに寄る定期的なサポートを受けてもらえることが出来ます。
個人の経営では、サポートは受けることが出来ないので、戦略などすべて自分で把握し、行う必要があります。
そのため、どのように行えばよいのが低迷し、契約数を下げてしまう可能性があります。

なお、社員の教育や研修を行ってスタッフの質を上げることができ、サポートはとても充実しているものと思われるでしょう。

戦略

不動産を運営することで、フランチャイズ契約を行うことにより、戦略を教えてもらったり、統一することが出来ます。
そのため、戦略に沿った接客や、不動産の紹介、ローンの契約においてお客さんにより満足感を与えたり、信頼を得ることが出来るのかを分析し、これらの対策を行うことで、契約数を上げることが可能となります。

これらの戦略については、研修を行った際に講習として伝えられたり、また、本社や他の店舗の連携をとることができる環境を整えているため、周知事項などで伝達することができます。
そのため、すぐに新しい戦略に切り替えたり、どのように改善したら良いのかを把握することが出来ます。
また、各店舗にて他のスタッフの意見を参考に、それぞれの店舗の戦略を練ることによって、他の店舗より契約数を増やしたりすることが出来るでしょう。
個人で経営している不動産では、同列の店舗がないため、状況の把握が難しいものとなりますが、フランチャイズでは状況について把握することができ、常に競争心をもって取り組む事ができます。